フィリピン考察記

ほぼ文章だけのブログ

ワクチン逆効果?に見える理由

先に僕のワクチンに対するスタンスを言っておくと、フィリピンでファイザーを2回接種。1回はおそらく感染している(検査はしていない) ので3回目は当面保留。高齢者へのワクチン接種はした方がいいと思うが、若者への接種は慎重でもいいと思う。かといって希望する人は自由意志で打てばいいという立場。

ワクチン情報については主に行政や信頼度の高そうな医師を中心にデータを収集するが過信も禁物だと思うのでいわゆる反ワクチンといわれてる人達のツイートなどもときどきチェックしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでは前置き。あるツイートが目に入った。
『英国では💉のコロナ死抑制有効率が、80歳以上で -221%に(以下省略)』

https://twitter.com/j_sato/status/1500512635866939394

f:id:hase29:20220307173038p:plain

 

さらにリンク元を見るとTHE EXPOSE というイギリスのサイトがある。

dailyexpose.uk


そのサイトによるとUKHSA Vaccine Surveillance Report-week9 -2022のデータで人口あたりで見た時の80歳以上の人達はワクチンを2回打った人の方がワクチンを打っていない人より約3倍 死にやすい→ つまり逆効果なのでは??といった内容になっている(と思う)

いちおう元データを見てみたらそれっぽいことは書いてあるみたい。

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1058464/Vaccine-surveillance-report-week-9.pdf

不可解なのでそのTHE EXPOSE がどんなサイトなのか?(例えばフェイクニュースを流して寄付を集めるようなサイトなのでは??)とか UKHSA はどんな組織なのかなどいろいろと探ってみたら、このようなサイトを見つけた。

FULL FACTと言われる要はファクトチェック的なサイトらしく、そこの主張ではUKHSAはミスリーディングしてしまっているという。

https://fullfact.org/health/phe-ukhsa-bolsonaro/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここからはFULL FACT の主張を僕なりに解釈して解説を試みてみたい。

先に結論を言うと『ワクチン接種した人数は行政がカウントしているが、未接種の人数は推定人口から接種者を引いた数で推定に過ぎず、その推定人数が過小だ』というもの。

僕も以前に日本のワクチン接種率のサイトを頻繁にチェックしていた時に『あれ?この総人口のデータ古くない??』と思ったことがある。日本もイギリスもだが人口は毎日変化している。例えば日本だと直近だと前年同月に比べ約65万人減っている。そしてその中心は高齢者で60代より80代の方が当然死にやすい。

https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html

 

それを踏まえてイギリスの80歳以上のデータを見てみる。

人口 約275万人* 1回以上の接種が約263万人、2回以上約261万人、3回以上約250万人。そこから未接種が約12万人*、1回約2万人、2回約11万人、3回約250万人という計算になる。*のついている人口と未接種の人数は推定となる。後で説明します。

f:id:hase29:20220307174925p:plain


それに対して死亡した人数(あくまで80歳以上の話です)は
合計3979人 (不明4人)、未接種228人、1回71人、2回671人、3回3005人。となる。下の図では一番下の行。それらをそれぞれの人数で割って、人口あたりの死亡者数を出している形。

f:id:hase29:20220307180831p:plain

 

ではイギリスの人口統計が少し古い場合にどうなるか・・。僕はイギリスの人口変化に詳しくないのだが例えば人口が実際には約269万人に6万人減少していた場合は、未接種の推定人数が約12万人→約6万人と半減する。それらを分母にしての未接種の死亡率は2倍に跳ね上がる。更に人口が実際には約266万人で9万人減少していた場合は、未接種の推定人数が約12万人→約3万人となり、未接種の死亡率は4倍になる。

上記のFULL FACTが『人口が過大でありミスリーディングになっている』としたのはそういった意味があるのだと思う。特にイギリスは3回接種が約250万人となっていてほとんどの80歳以上が3度のワクチン接種を済ませている。だけに未接種や2回接種の人数は少なく、人口を正しく推定しない場合の誤差が大きくなるのだと思う※

僕は実際にワクチンの効果がどうなのか、ホントに逆効果なのかまでは分からない。だが少なくとも人口を正しく推定しないことでこれだけ未接種の死亡率の変化が起こるということは分析を見る上で抑えておいた方が良いことだと思ったので、ブログにまとめました。こういう統計の盲点は日本のワクチン効果や副反応といったものでも起こりうると思います。

※統計上の80歳以上の人口をカウントした日から新型コロナで死亡する時までに当たらな80歳になる人もいるので実際にはもう少しややこしいが、あくまで全体として高齢者の人数が過大だとした場合の話をしています。