読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

(第15話) 鼻うがいを始め、膿栓を見つけた。

健康の考察

2016年の6月から腎臓病の疑いが濃厚となり色々と試しています。ヤフー知恵袋や2chなどいろんな所で情報(体験談など)にふれられる今の時代は便利だと思う。もちろん鵜呑みにせず医学的な根拠を探したりするリテラシーは必要なのだろうと思う。


ここ1週間ほど『鼻うがい』を実践している。

フィリピンの場合はもともと水道水は飲めないので飲料用にデリバリーしてもらう浄水された水を使い。それとお湯を足してぬるま湯にしている。食塩はそれほどシビアにははかっていない。気分で重曹にしたりアロマオイルを垂らしたりしている。

それを『ハチミツの容器』にいれ鼻にさして使っている。鼻に触れる部分が少し固いがとりあえずするにはアリだと思う。既にハナノアって専用のモノを注文してある。洗浄水は自作できるので哺乳瓶みたいな道具が欲しくて買った。


鼻うがいは難しい。YouTubeなどで動画をみたりするが慣れない。今のところ天井をみる感じで頭を後にそらしてハチミツ容器を軽くポンプしている。スムーズに鼻から口には流れないが少しは通っている。いろいろ工夫が必要だろう。


2chとかを見るとセルフでBスポット療法をしたり、リステリンで鼻うがいをする人もいるようだ。興味はあるが鼻うがいになれるまでは危険だと思っている。液体が耳の方に流れたり鼻の違う部分にふれ臭いを感じるセンサーを傷つけたりする可能性があると思うからだ。

ただしネットで長めの綿棒(のどぬーる綿棒??)を買った。また試してみたいと思う。


今日はとりあえず扁桃を鏡で見てみることにした。暗くてわからないから懐中電灯で照らしてみてみると、扁桃に1個、膿栓らしきものを見つけた。いまは取れないけど、1つずつ訓練していこうと思う。試しに指を入れてみたが予想通り『おえっ!』ってなった。

あと口テープも検討したが、イビキもないみたいだし、口呼吸の習慣もなさそう。とりあえずそれは保留とした。歯周病や虫歯のケアは人間ドック以前から取り組んでいる。


あとはそれが原因かは分からないがビタミンCを取るようになってからはまだ風邪を引いていない。軽い咳ていどはあるが熱はまだない。医学系の情報サイトによると『予防の効果は確認されていないが、早く治るといった効果はありそう』みたいなことが書いてあった。安くて副作用もほとんどないのでこれは続けていこうと思う。