読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

庶民がバイトを探す苦労 in フィリピン

フィリピンの庶民の生活は日本人の想像できないレベルだとたまに思う。

つい先日に元家庭教師の子から連絡があった。小さい子供のいる夫婦で失業していて『旦那は海外で、その子はマニラで就職、その時に子供は田舎の実家へ』という決意を固めたところで先立つお金を無利子で融資をして、とりあえず家庭教師に復帰してもらいつつ就職活動の経過を聞いている。

もちろん助けたいのは助けたいが、それと同時にフィリピン人の思考パターンや就職活動などの様子にも興味がある。以前から断片的には聞いていたのだが、やはり思った以上に大変なので今日はそれを書こうと思う。


以前に海外就職の前段階で必要になるパスポートについて書いたのでそれについてはこっちを見て下さい。

manisen.hatenablog.com

 

 

今回は嫁さんの方、いまマニラで就活中。学歴は中卒で近くのモールでインセンティブのある仕事を希望。この子は基本的に働き者で、以前はジョリビーで働きつつその後にレッスンに来てくれてたのだが、コミュニケーション能力が高く、仕事でハッピープラスカードなどのセールスキャンペーンがあった時に他のスタッフ平均の2倍以上を売上げてご褒美にホットドックとかをもらってきたりしていた。

これは1つの才能で大卒の学歴がなくても他のフィリピン人みたいに算数が苦手でも、のし上がれる1つの方法が『歩合のある仕事』だと思う。


さて就職といってもフィリピンは5ヶ月の契約社員ってケースが多い。大統領が正社員化を進めているようだが法律どおりになかなかいかないのも現実。日本でいえばアルバイトのようなもの。ただそれでも日本のようにはいかない。


1:面接地が遠い。

バイトくらい各店舗で独自にすれば良さそうなものを、フィリピンの場合はバイトであっても配属先と面接地は違うことが多いみたい。庶民で無職にとって交通費はばかにならない。

2:面接の回数が多い。

バイトなのにどうして3回くらい面接があるんだろう・・・。交通費と共に時間も凄くかかる。


3:必要な書類が多い。

犯罪を犯していないって証明書(NBIって言ってたかな)とか健康診断(虫歯があったら要治療とか)などがあり、それぞれ取得に時間とお金がかかる。しかも制服の下に着る下着などは無地で名前の刺繍入りとかいう規定のある所もある(アパレルの販売員で盗難を防ぐ為らしい)


4:配属先が遠いとか。

そうやって面接をクリアしても、配属先が遠かったりするみたい。ジョリビーやワトソンなどほぼ全てのモールに店舗を構えているような場合でも、近くの店舗で働くことは難しいみたい。おそらく近くの店舗で働いているスタッフの中にはこの子が行くかもしれない店舗の近くに住んでいている人もいるかもしれない。そしてこれらミスマッチが多いってことはそれらがなくなれば交通費は節約でき(基本的にフィリピンは自腹)そして通勤時間がグッと減り、渋滞も少しは緩和されるだろうと思う。



日本なら求人情報誌とかネットでバイトを探し、必要なものって履歴書くらいなもので、店舗に行って面接したら翌日から働けたりする。フィリピンは上記のように苦労して仕事を探しても給料は安く、そして契約が切れるとまた最初からになるケースが多いみたい。

ホントフィリピンの庶民は大変・・。
そして社会システムがゲスだと思いました。


P.S. BICUTANやFTIの近くで臨時の仕事でもあったら教えて下さい。旦那のほうも日銭が欲しいところなんで。8時間で日給500ペソくらい。まぁまぁマジメなタイプらしく以前の職場では無欠勤で正社員登用を目指したが30才って年令や学歴(経済的事情で4年目に中退)みたい。



ペニーボード

フィリピンではスケートボードのことをペニーボードというみたい。

 

もう半年くらい前かな、日本から持っていって乗ってみたら思った以上に難しい。大人は重心が高いこともあって難しいのかしれないが『これはちょっと危ないかも??』って思って隣の集落に持っていった。

 

そこは例によって子供がいっぱい。『遊んでいいよ』とはいったが『僕にちょうだい!』と言われたから『あげない』と返した。1人にあげてしまうとその子は独占して他の子に使わせないってケースを見てるので所有権は譲らず、みんなで交代で遊べといった。

 

子供たちは擦り傷を作りつつも予想以上の短期間の乗りこなすようになった。


ところが先週そのペニーボードがなくなっていた。ここから見える範囲で遊ぶようには言ってあったが管理者がいるワケでもなく誰かが持っていって売ってもわからない。残念ながら貧困エリアではモノがなくなることは珍しくない。

 

せっかく1台がハイローテーションで遊ばれ『なんとコスパの良い』なんて思っていたのに・・・ざーんねん。まぁしゃーないね。って思っていたらFacebookで1人の母親から『見つかった』と連絡があった。

 

「(特定の)誰かにあげたの?」みたいな事を聞かれたから、みんなで遊んで欲しいからいちおう所有権は僕のままだよ。と答えたら、『子供たちにとってあなたは天使だ』みたいなことを言われ、ちょっと照れつつも『さすがキリスト教徒らしい表現だ』なんて思った。

『別に天使じゃないよ。ただ彼らは友達だよ』って答えた。


そのエリアの子供たちには僕は絶大な人気がある。正直いうとしがみついてしつこい小さな子は苦手なんだけど5才から12才の子らとは普通にバレーボールとかして遊んでいる。僕がフィリピンが好きな理由の1つ。小さい子は別にしてそこに『遊んであげている』という感覚はない。常に複数の親が周囲にはいるし、2家族くらいは元々友達だしあまり気を使うことはない。


もし日本だったら、41才の独身男が子供たちと遊ぶっていうのはかなり誤解を生みやすい。変質者か誘拐犯と疑われてしまうリスクがある。もちろん親の気持ちを考えるとそうなってしまうのも仕方がないとは思う。もちろんフィリピンであっても誤解は避けたいので、子供たちだけをつれだしたり、幼女を抱きしめたりといったことはしない。

あと同じフィリピンでも集落では小学校くらいの子供と20代の子らが一緒に遊ぶってこともよくある。大勢がいろんなかたちで関わりながら生きているのは、日本とフィリピンの1つの違いだと思う。

 

子供がいない独身の中年はこれからドンドンと増える。金銭以外でコミュニティ作りが僕は大切だと思っていて今はフィリピンでいろんな形で実践しているところ。いずれ日本からもいろんな人を呼び込みたい。

プランの概要

新しい活動の目的は大きくワケて2つ(各2つで計4つ)

※現段階では『共同で設立してくれる仲間を求めている段階』でこのブログはその為に基本プランをまとめている感じです。




【SIDE_A】・・・貧困を改善する為のプログラム。

◆A-1:Dental(歯科)= 庶民の集落に出入りするようになって感じるのは『虫歯率の高さ』・・・予防の知識がない上に治療費がないので子供たちは虫歯が多いし、30代にもなると歯が何本もない人がそこら中にいる。歯がないことは就職する上で不利になるだろうし虫歯で痛いとか他の病気にもつながる。

病気の中でも『予防による費用対効果がもっとも高い』のが『歯科』の分野だと思う。



具体的にはこんなイメージ。

1:会員制にして『歯の状況』 をデータとして残していく。
2:食事を提供し『歯磨きを一緒にする』→ 習慣化。
3:予防歯科の大切さを啓蒙する (砂糖を減らすとかいろいろ)


◆A-2:Education(教育)= 貧困解消に教育の重要性を言う人は多い。でも『僕は学費を出すというタイプの支援は効果が薄いのでは??』と考えている。むしろ『稼げる技能を身につける』って方がいいように思う。その為に特化する科目はとりあえず絞った方がいいのかなって思う。



具体的にはこんなイメージ。
1:フィリピンは算数が弱い。ドリルなどをさせる。
   (できれば計算ゲームアプリなどを活用し競わせるなど)

2:年長が年少を教えるペイ・フォワード制。
3:日本語を教える(子供は知りたがりで語学習得能力が高い)
    しかも日本語を話せれば将来それを武器に出来る。
4:できるだけティーチングよりコーチングを意識する。




【SIDE_B】・・・シェアハウスと社会実験の場。
 
 ◆B-1 : Share house(シェアハウス) = スラムに行ってみたいって若者は少なくない。ボランティアをしたい人も少なくない。できれば2ヶ月とかの期間で施設の2階部分に住み、自分たちで考え集落の人達と接し生活できるようにしてみたい。

 

具体的にはこんなイメージ。
1:質素で小綺麗なドミトリースタイル
2:宿泊費は格安もしくは無料
3:設備は自分たちでバージョンアップしていく
4:貴重品は別の場所(MA:僕の家)に置いておく
5:ブログなど情報発信をしてもらう


◆B-2 :Social experiment (社会実験の場):例えば歯科大学の研究とか、ボランティア関係の学部とかがマニラに来て、実際のフィリピン人相手にいろんな試みをするイメージ。どうやれば子供たちに勉強の習慣を根付かせられるのか?とか。

具体的にはこんなイメージ。
1:大学や企業にPRして研究の場として利用してもらう。
2:それぞれがミッションを設定し成果を発表する感じ。


かかる費用は小さめの規模で初期費用50万円+年50万円くらい。ただし賛同してくれて力を貸してくれる人が動くと仮定した場合。スタッフを雇ったりすれば人件費として年50万円くらい余分にかかりそう。もちろん程度による。最初のスタートは僕が出すつもりで継続していけるかは広がりしだい。

僕が候補地としている集落は2年前に大火災があり現在復興途中。それでいて隣には新しい街が作られようとしている。いい流れが出来たらその街に住みつつ週1で活動に参加してくれるって人も呼び込めるような気がする。あとは交流会のLittle Japanともうまく連携できればと思う。

あと頭の中にはいろんなアイデアがあるがそれは一緒にしてくれる人と相談していく中で出来そうなら1つずつ試してみたい。


とりあえずは臨時でフィリピン人を雇って下調べを始めるとともに、プランをいろんな人に話をしてみようと思う。たまに体調を崩すので仲間が見つかるまでは無理をしないけど。










フィリピン人が海外で働くということ

(軽い体調不調が続いていて自宅療養中)

3月末から家庭教師に復帰してくれたW。それまで専業主婦をしつつ育児をしばらくしていたが彼氏(実質的な夫)が失業したこともあって復帰した感じ。

連絡をもらった時に僕は日本にいたこともってマニラで再会してみるとそこそこ困窮してた。以前にレッスンをしてくれてたおかげて僕はタガログ語の基礎が身についたこともあるし出来る範囲で支援をしていこうと思った。


家賃の滞納や友達や親戚からの借金。食費もケチって就職活動の交通費にもことかく状態。とりあえず家を追い出されるのを回避する為のお金などをいくらか貸した。

そうやって1週間くらいレッスンやらついでにメイド仕事やらお願いしつつも彼氏の就職活動は難航。フィリピンでは30才で就職での年齢制限に引っかかったりするみたい。いくら庶民の暮らしとはいえ給料なしで生きていくのはかなりキツイ。Wがいうには彼氏が海外に出稼ぎいくっていうのが『貧困から抜け出す方法』として1つのパターンらしいが、パスポートの取得費用などがないから困っているらしい。


僕は以前にも別の友達の出稼ぎのつなぎ資金を融資したことがある。担保なしの無利子なので実質的に金利分だけあげているようなものなのだけど、その友達は遅れつつも完済してくれた。今回も融資することに迷いはなかった。


フィリピン人が海外で働くことはOFWと呼ばれよくある話なのだがただ思った以上にハードルが高い。悪徳エージェントのカモにされるリスクともあるが意外な障害が『フィリピンの役所』だったりする。


パスポート取得に時間がかかりすぎる・・・。


まずアポイントメントをとる必要がありネットで出来るのだが、それが約3ヶ月待ち。しかも、そこでは申請して面接するだけなので、発行までには更に2,3週間またされるみたい・・・ホント役所が酷すぎ・・・日本ならアポはいらないし1週間くらいなものだろう。

(この手の改革はお金がいらないドゥテルテ大統領に頑張って欲しい)


そんな感じで彼氏のパスポート取得に推定4ヶ月かかり、その後でエージェントに申請していたら半年くらい軽く過ぎていくだろう。そこでMと話をしたのが彼氏が専業主夫をしてMがまず働く。その後でOFWが決まった段階でスイッチするのが今のところいいのではないかって。


僕はパスポート取得費用を貸したのだが、その時に生活費やら交通費やら計画を聞いてみたが彼氏は『あとは自分で何とかできる』という。収入がないのに出来るはずがないのだが、この辺りはフィリピン人の気質なのだろうと思う。結局は再び行き詰まるのだろうけど、僕としては織り込み済み。

次は壊れた携帯を何とかして出来ればWの就職用の服があるといい。Wは一昨年の火事で衣類などの大半を失っている。フィリピンの庶民は僕ら日本人が思う以上に大変だ。大家族が助け合いながら生活してるってケースも多いがワケありで家族に頼れない人も少なくない。


健康状態が良いのがせめてもの救いだ。

P.S. パスポート取得や就職活動にNBIって無犯罪証明書のようなものがいるらしいが、それの取得の時に同姓同名がいる場合はその確認に15日とか余計にかかったりするらしい。ホントに役所のシステムがクズだと思う。

歯をダメにされたかも。

マニラ在住だけど1ヶ月ほど日本に帰省中です。

マニラでは歯医者Aで治療を受けていて不信感から紹介してもらった歯医者Bに乗り換えた。いまのところBは良い印象を受けているが日本とフィリピンでは技術も制度も違うのでジックリとつきあい方を考えていきたいと思っている。


今回は国民健康保険をゲットしたので日本で歯医者Cに行ってきた。というのもAでしたクラウン(かぶせもの)の周辺の歯茎が少し腫れていたことと、日本でレントゲン(X-ray)写真を撮り日本語で僕の歯の状況を聞きアドバイスを貰いたいと思ったからだ。

Cではレントゲン室があり頭の周りをまわり歯全体のX-rayが撮れる。Aでは部分的なX-rayでBには機器がない(X-rayは外部で撮る)・・・Cによルト・・・


*クラウンの下で二次う蝕してそれが神経を冒している。

*歯根が膿んでいていわゆる歯周病の状態で骨が溶け始めている。

*クラウン自体が必要だったのか(断言はしなかったが)疑わしい。

とのこと。つまりAが未熟で不必要な治療をしたせいで『歯を1本ダメにされた』という可能性が高いと僕は理解した。


今後についてはCは
歯根は2又とかに分かれているが『片側はまだ生きているかも』
*この状態だと歯根治療に6回くらいは確定(治療に時間がかかる)
*歯根治療については日本はそれでも格安・・・・
とのこと。
*歯を片側だけ残せればブリッジする1本の歯を削らずに済むかも。

僕も後で調べてみたが歯根治療は手間と技術のかかるもので、保険治療で採算が取れない治療の代表みたいなものらしい。1回の治療に1時間くらいかければ回数は減るがそれだと歯医者が赤字らしく、回数が増えてしまうのは制度上は仕方ないと思う。歯医者さんを責めるのは酷だと思った。

出来ればこの日本のCで治療をお願いしたいが次回の帰国する時(2週間ちょっと)でも期間的に短くて中途半端な治療はかえって悪化させる可能性がある。ということでCでの治療を諦めることにした。また長期間の帰国予定を入れる可能性はある。またフィリピンで治療してもらう際の参考にいろいろ聞いてみた。

まず抜歯をした場合にそのまま放置しておくと骨が減り両サイドの歯が倒れてくるとネットで知ったので、抜歯をする場合は差し歯やブリッジあとはインプラントなどが選択肢としてあがる。もちろんフィリピンの歯医者の技術力や経験がわからないのでそこは調べるとして。Cによると・・・

*歯根治療に比べるとインプラントの方が難易度が低い。
*ただし経験の浅い歯医者にまかせるのはもちろんやめた方がいい。
*(僕の歯並びと)歯列矯正についての見解は、(僕の歯は)オープンバイトなのでした方がいいとは思うが、それぞれの考え方なのでするかどうかは自由。矯正するにあたって抜歯するなど難易度の高い状態ではない。ということは言ってもらえた(歯並びによっては抜歯するらしいから)

あと『小さな虫歯が何ヶ所かある』と言われたのと奥歯のインレーをプラスチックでしたが、割れているらしい。奥歯は強度が要求されるのでメタルインレーの方がいいとCからアドバイスをもらった。

フィリピンの歯医者Bは基本的に受け身で『どこをどう治療して欲しいか?』と聞いてくれるが提案はあまりしてくれない(矯正は勧められたが) たぶん僕が調べ聞いて治療してもらってたからそうなったのかもしれない。

だが、それぞれのフィリピンの歯医者Bと日本の歯医者C、それぞれの特性とかをよく考えた上でベターの治療が受けられるようにしたい。


とりあえず今のところの治療方針としては・・・・

*歯周病などの予防の為に歯のクリーニングは2ヶ月毎にいく。
*日本に帰国する度にアドバイスをもらう。

*(例の歯は)7月末の帰国までは抗生物質などで様子を見るかも??

*フィリピンでは小さな虫歯中心にお願いして歯列矯正をする。

*難易度の高そうなのは出来るだけ日本で。

*ただし前歯のセラミックなどはフィリピンの方が安いように思う。


・・・迷いつつも考えながら歯を守りたいと思う。


海外在住の人は一時帰国の際にでも日本の歯医者にいってセカンドオピニオンをもらうことをオススメします。

社会貢献プランを練る

(まえがき)

いままで色んな事をしてきた。主なキャリアとしてはチラシやWEBなどのデザインが10年以上。農業系のビジネス(※LINK_1)やお好み焼きの屋台(※LINK_2)とか起業しては潰してきたけれど自己資金で小さくしていきているので特に迷惑はかけていないと思う。

マニラではシェアハウスMA(※LINK_3)をして今は休止しているが、交流団体Little Japanの活動(※LINK_4)が約2年。それと友達と3人でシェアハウス『アトリエ』(※LINK_5)を始めることになった。やっていて思うのは『1人でするより複数でした方が面白いし発展しやすい』ってこと。


さて一方で投資は20年くらいしてて今は細々とは投資からの収入で暮らせるようになりつつある。それ自体はありがたいことではあるが、一般の人が思うような『不労所得で生活するお金持ち』のイメージよりは規模が小さい。それは僕がフィリピンでジプニーで移動したり自炊したり節約家だから成立する部分がある。僕が欲しいものの多くはお金では買えない『語学力』であったり『健康』であったり『居心地の良いコミュニティ』だったりする。物欲がないワケではないが『高級料理を食べるより友達と鍋をつつく』ような生活を重視しているといえば理解を示してくれる人もいるのかなと思う。


『コミュニティを作りたい』というのは僕自身が独身で『ほぼ無職』であるという部分が大きい。日本で今もつながっている友達は数少ない。マニラでは近くの集落で子供たちと遊んだり、友達の実家でホームステイさせてもらったりそれなりに楽しい生活を送っている。フィリピンはコツはいるものの『交流する上でのハードルが低い』と思う。日本ならオッサンが子供たちと遊んでいたら『誘拐犯あつかい』されてしまうことだろうし、一回りも年下のグループと一緒に登山とかしたら『存在が浮く』だろう。それと日本人同士でも海外で知り合うと連帯感が生まれやすい。

 

日本では今後『独身の中高年がドンドンと増えていく』・・・会社以外でのコミュニティが希薄で精神的に不安定になっていく人も増えていくと僕は予想している。いや既にそれは傾向として現れはじめていると思う。僕は自分の活動を通じ1つのロールモデルを提供しつつ『彼らも活動に加わって老後の1つの生きがいにしてくれること』を望んでいる。


さて今回のプランは複数の目的があるので一言でいうなら『マニラの庶民エリアにコミュニティーを作る』ってことなのだがそれだけでは何のことか分からない。次の記事で詳しく話をしてみたいと思う。


つづき

マニラの渋滞改善案

三重県にある実家に帰省中のHASEです。

こちらでは渋滞も少なく車でスイスイとドライブできます。マニラの渋滞はかなり酷く。それも増加している人口が首都に流れ込んでいることもあって年々悪化しているような気がしています。

さて今回は『渋滞改善案』として特に交通機関以外の部分について意見を書いてみたい。なお交通機関については『PNR(国鉄)の再開発』と『エドサ通りの交通規制』が比較的短期間にできる改善方法だと思いますが、それについてはまた別の機会に。


さて今回のポイントは2点。『1:フィリピンの役所が面倒すぎるから』『2:フィリピンの就職が不透明すぎるから』・・・改善の余地ありという話をします。


1:フィリピンの役所が面倒すぎるから

とかく渋滞解消というと地下鉄を作るだの交通規制をするだの『交通インフラの話』になりがちですが、僕は『利用者をいかに減らすか』を考えてみました。その1つが『役所の効率化』です。

例えば日本で言うところの陸運局にあたるLTOという組織。免許を取得したり車検を取ったり更新したりするのにとても非効率的な組織です。免許証を発行する為のプラスチックカードが切らしていたってことで、何度も足を運ばされたり、たった1枚の書類を受け取るためだけに遠くの支局に足を運ばされたり、、とても面倒です。

他にも交通違反の罰金を払う為だけにLTOに行ったり・・安全指導などがあるなら分かりますが、微罪で罰金のみならコンビニや振り込みでいいと思います。それはLTOに限った話ではなく就職する為に必要な書類も多いし、外国人が半年以上滞在している時に必要になる書類など、、、改善可能な点はホント多い。

もしそれら非効率が改善されれば役所に通う回数は1/5以下になると僕は思います。それだけ用事が減れば渋滞の緩和にも少し貢献してくれると思います。



◆2:フィリピンの就職が不透明すぎるから

フィリピンは情報が不透明なところが多いです。就職でいえば求人案内に条件がのっている事は少ない。どの業種のどの職場が給料が良い?あるいは勤務先はどこ?休日は?・・・そういった情報が少ないので比較がとても難しい。日本のような求人誌や求人情報サイトはない(と思う)・・・求人サイトがあるにはあるが多くは『サイトを見ただけでは十分な情報が得られず企業に問い合わせる必要がある』


僕が不思議に思うのは、ファーストフードのアルバイトであっても片道1時間以上かけている人が少なくないということ。例えば近くのモールにジョリビーがあっても遠くのジョリビーでバイトする・・・みたいなケース。やはり情報が少ないのが1つの原因だと思う。もし情報が整理されていて近場にどんな求人があるのかわかれば、もっと近くで働く人は増えると思う。同じジョリビーでもMOAなど忙しく時給は高めなのですが、通勤時間や交通費(普通は自己負担)を考えると遠で働く合理性はあまりない。

国はそういった点を改善するように促すことでミスマッチを減らし、近くの職場を選ぶ人を増やすことができれば渋滞解消の一助となると思う。

加えて言うなら、ファーストフード店の本部での求人というスタイルから『(バイトなら)各店舗での採用』という風に国が促したり、交通費の支給を義務付けるなどすれば『近くの人を優先する』ようになると思う。


この2つだけでは『解消には不十分』だとは思うが、改善する方向には動くと思うし、多くの時間とお金が節約され、国民の満足度はUPするように思う。