フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

リタイアメントビザの取得を再検討

フィリピンに住むようになって5年が過ぎた。

当初はリタイアメントビザ(SRRV)の取得も考えていたがあまりメリットを感じず様子をみていたら観光ビザの延長と出国で何とかしのげている。ここにきて入国時に『フィリピンで何をしている?』と聞かれることが多くなり、当分の間はフィリピンを拠点にする覚悟もあるので再びリタイアメントビザの取得を検討することにした。


【現在の方法】

プロモ(格安)チケットを事前に買っておき、2ヶ月毎に出国。プロモでも特に安いのが出ている時にまとめて2往復あるいは3往復を買っている。現在は2月、(4月が抜け)、6月、8月、10月のチケットを既に購入済み。

ビザ無し30日に加え1回の延長で計約2ヶ月滞在できる。それを年6回ほどする。観光ビザの延長は当初より簡略化され、しかも特急料金が不要になってたので、1回あたり5000円ほど。年3万円くらい。

旅費としてはバックパッカーとして近隣の物価の安い国にいったり実家に戻ったりするのでそれほどお金はかからない。

 

気になる点としては、高齢になって旅がしんどくなったら・・・。という点と、入国の度にあれこれ聞かれるのが面倒・・・あるいは突然拒否されるのでは??という一抹の不安くらい。これに関しては滞在中の活動を説明できるように写真などを用意したりしておけばそうそう拒否されることもないだろうとは思っている。



【リタイアメントビザを取得した場合】
いちばん懸念したのは旅行税(約4000円)を支払う必要性・・・支払ったって話を聞いたので調べてみたら1年以内に出国すれば免除らしい。そのくらいのペースでは旅もするし実家にも戻る。

次に費用としては年4万円ほど。プラス取得するのに推定で約25万円。それと預ける2万ドル(約230万円)も実質的に引き出せないなら費用みたいなもの。あと地味にめんどくさい。

メリットとされるものの多くが僕には魅力的に感じない。家電類をフィリピンに持ち込んだ時の免税とか、就労とか、送金される年金が非課税とか・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局のところ拒否されない限りにおいては、年6回観光ビザを更新し、年6回旅をしている方が安くて楽だという結論に至ったのだが、本来なら生活の拠点にしている国に納税する必要があったりもするのかもしれないのだが日本にキッチリ納税しているし、今のところ投資家といっても資産運用ともいえるし、たぶんそれに関しては大丈夫だろうと思う。

あとマジメな話。拠点を設けず、モノは必要最小限にして、ビザ免許の国をわたりあるくっていうのも方法論としてはあり。マレーシアに3ヶ月、タイに1ヶ月・・・そうやってまわっていれば1つの国に目をつけられることもない。

ただし僕はフィリピンが好きでここにコミュニティを作っているので最安でなくともここに滞在したいとは思う。まぁ首都圏でも中心部から外れているので1人暮らしの割には安いし、割に質素な生活も平気だし、特に経済的には問題ない。


もしこれを読んでいる人で入国時の良い説明方法を知っている人がいたら教えて下さい。なぜフィリピンに滞在しているのか?週2〜3回子供たちと遊んだり、週末に交流会に参加したり、あとは趣味をしたり、普通にフィリピンでタンバイ(ぷーたろー)してますが、不法就労とかしているワケではなく、真っ白とはいいませんが割に健全に生活しています。

イミグレでは『なぜ永住権を取得しないのか?』と聞かれたりもしたが、高いし面倒だし・・・なんて正直に答えていいものか迷い結局は言わない感じ。

ちなみに最近は女性のイミグレ職員が増えていてオッサンへの追求が厳しくなっている印象があります。買春でもしていると思われているんだろうか・・・そういう人も少なからずいるだろうが、僕はしてないんだけど、そういう目で見られているとしたら残念だなぁ・・・って思います。