フィリピン考察記

ほぼ文章だけのブログ

メイドを頼む時にしてること。

フィリピンで住んでいる1つのメリットがメイドさんを雇えること。

在住の日本人でも雇っていない人もいると思いますが、僕は月に2〜4回、1回4時間で来てもらっています。いちおうどういう人がいて何を気をつけているのかとかの情報をシェアしておきたいと思う。メイドを雇いたいって人は参考にしてください。



僕は1人暮らしです。部屋はキッチンも含め2部屋+トイレ。それから庭があります。1人で住むには十分な広さですがメイドさんを頼むほどのこともないです。ただ掃除があまり好きじゃないのと、日曜大工をするのでその手伝いを兼ねてメイドさんにお願いしています。

■ A:してもらうこと

【掃除】・・・部屋を掃く、トイレ、庭、は基本的にしてもらってる。キッチンは料理中に自分で吹くのでしてもらうのはたまに。あとはたまにモップがけ、窓拭き。ただしマニラは空気が悪く窓がスグ汚れる。なので窓の汚れは気にしないようにしてる。

【料理の下ごしらえ】・・・料理は自分でするので、カラマンシーを絞ってもらったり、野菜を切って蒸して、冷凍庫に入れてストックしておくのをたまにしてもらってる。あと1人のメイドさんには製麺(ヌードルメーカー)を覚えてもらった。

【DIYの手伝い】・・・木工をする時は木のやすりがけ、ペンキやニスを塗る、とか地味に面倒な作業を頼んでます。ただし電動工具でケガのリスクがあるのは自分でするようにしています。ガーデニングをする時は雑草を引いてもらったり、穴を掘ってもらったり。

※ここで重要だと思うのは大変な作業をあまりさせないようにすること。


■ B:してもらわないこと

【料理】・・・基本的には自分でする。皿洗いも基本的にはする。

【洗濯】・・・たぶん頼んでいる人は多いと思うが、僕はこれ自分でしてる。メイドさんに頼むと凄く時間がかかるし洗剤を驚くほど使うので・・・僕は洗濯を短時間で終わらせるようにしてるから不要。

 

■ 待遇など


1回4時間(P70/h + P20/ day = Total :P300) マニラの時給から考えればこの位が妥当なのかな・・と思ってます。大家さん(フィリピン人)のメイドさんはもう少し安いだろうし、日本人が業者を通してとかの場合はもっと高いだろうと思います。

休憩はメイドさんのタイミングでしてもらってますが、言わないとあまり休まないので茶菓子を出して休むように促しています。

あとクリスマスシーズンには1ヵ月分くらいのボーナスを出しています。これは法律で決まっているらしいのですが、おそらく実態としては出してないケースも多々ありそう。僕のメイドさんも互いに頼みたい&働きたい時に来てもらうので、常用かと言われると微妙。

雇う場合は家から遠くない」っていうのが大事だと思う。特に短時間なら往復に時間がかかると頼むのは難しいし気がひける。

あと給料は僕が住んでいる8年間で少しずつUPしてる。インフレの国では雇用側が意識して昇給させるのは大事だと思う。



■雇うキッカケなど

現在、頼めるメイドさんは実は3名います。過去のメイドさんも含め、ほとんどは大家さんのメイドさんだったりします。メイドさんを頼む上で「働きぶり&素行」は大事なので、大家さんのところで働いているのを見て、良い人だった場合は、大家さんにも話を通しつつ、半日は大家さんのところ、半日は僕のところに来てもらったりしています。

メイドJ:推定25才の女子大生。「女子大生のメイド?」と驚かれつつ羨ましがられるが、ビジュアル的はそういう感じでもない。ただマジメで勘が良いので信頼度は高い。仕事がはじまったので今は頼んではいないが、たぶん休みの日とかなら頼めば来てくれそう。

メイドC:推定25才の男。この子は隣の集落の知り合い。本業とは別にバイトがしたいらしい。Jと違い勘が悪い。丁寧に説明しても独自の解釈でイラっとすることがある。ただイイ奴ではある。なので、頼むことは分かりやすいことに限定している。特に男ということもあって、脚立に登るような作業とかは頼みやすい。

メイドR:推定18才の女。Cの彼女。たまに作業が多い時はカップルで来てもらったりする。この子は確か大学生でバイトがしたいらしい。性格がいい。

今はメインはCでたまにRかな。

過去メイドは3人くらいいたが全員おばちゃん。1人はお金を貸した日から来なくなった。それ以外は就職でやめた感じ。特にメイドさんの年齢は気にしていない。単に知り合いで「バイトしたい」って時に、その人がいい人なら頼むこともある感じ。


■その他

お金を貸してくれと言われたら・・・金額とメイドさんの信用度による。貸す場合は無理しで貸す。形だけ借用証書を書いてもらう。隣の集落でお金を借りたまま逃げたメイドさんを見つけたが、冗談交じりには言うが、強く叱責などはしない(変に恨みを買う方が怖い) 周囲の目もあるし。

財布は普通においてあるが、メイドさんの作業中は僕も家にいる。

物を壊してしまったら・・・責めないし賠償もさせない。基本的には仕方がない。貴重品を扱ってもらう時は事前に注意点を伝えるか、自分でする。日本から持ってきたミシンを220Vに突っ込まれ壊れてしまった時は残念だったけど、事前に言ったことでも忘れることはあるので慣れるまではたまに確認するようにした方がいいと思う。

僕の場合は年に8〜10回くらい旅をする。なので毎週土曜日といった頼み方はしていない。互いに合意した時だけメイドさんをしてもらってる。作業はいくつかストックしておいてる。雨の時は外の作業ができないので、外の作業は比較的優先的に頼んでる。


※ちなみにタガログ語の家庭教師も大家さんとのつながりで以前2名いた。その子らは正直なところ容姿も性格も含めて採用した。語学上達の秘訣かもしれない(笑)