フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

新しい海外リタイアの形

この方法はおそらく個人投資家とかノマドワーカーとかいう『どこででもネットがあれば働ける人』とか『働く必要がない人』にしか使えない方法だと最初に断っておきます。でも、これをすればVISA費用および航空券の費用を抑えられるはずです。


その方法は『東南アジアを遊牧する』です。


例えばフィリピンで観光ビザを延長すると1回に3130ペソ(約7000円)かかる。2回目になるとそれにIDカードの取得費(約6000円)がかかる。なので僕は2ヶ月毎にプロモチケットでフィリピンを出国していることは前回の記事で書いた。

それだと1年間で5回くらい往復する(飛行機に12回のり、ビザを6回更新する)・・・航空券を1回1万円(往復で2万円・・プロモだから)としてビザを7000円とすると・・・

【年間で航空券代が12万円、とビザ代が4.2万円かかる】

※もちろん、それに交通費や現地での滞在費が必要になる。


僕は現地でゲストハウスといった安宿に泊まるので宿代や1泊800〜1300円ていど。それでいて外国人や日本人との交流を楽しめたりするのでコスパはものすごくいい。なので現地での滞在期間を長くすると・・・。

タイではビザ無し1ヶ月、カンボジアはビザはいるが1ヶ月6000円くらい(カンボジアは滞在費が凄く安い)、マレーシアだとビザ無し3ヶ月、、、といった具合。

<フィリピン2ヶ月>→ <タイ1ヶ月> → <フィリピン2ヶ月> → <カンボジア1ヶ月<フィリピン2ヶ月> → <マレーシア2ヶ月> → <フィリピン2ヶ月

だと飛行機に乗る回数が6回。ビザ更新(★で表記)が5回となる。

 

【年間で航空券代が6万円、とビザ代が3.5万円かかる】


※ちなみにマレーシアを1ヶ月伸ばし、カンボジアに行かなければ更に減らせる。

それで浮くのは約6.7万円・・・滞在費を1日2000円として今までは旅先で約1週間いたので、約40日×2000円=8万円かかっていたが、それが約120日になり、24万円となり、16万円のコスト増。それにフィリピンで不要となる電気代などを考えると・・・

【たぶん年間12万円ていどのコスト増で長旅ができる】


できれば同じようなライフスタイルを送りたい人と、複数の国で家をシェアすれば生活費の増加はもっと抑えられつつ、楽しいと思う。できればそういう生活を目指したい。3,4カ国を遊牧しつつ現地で友達を作る。僕は旅がしたいというよりはコミュニティを作り各地で生活がしたい。