読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

オカダマニラに行ってきた(2)

フィリピン考察

前回[オカダマニラに行ってきた(1)]の続きです。


オカダマニラにはモールオブアジア(MOA)から無料のシャトルバスが出ていました。
聞けば30分ごとに出ているらしい(ただし曜日や時間帯によって違う可能性あり) バスはトイレ付きでエアコン付き、各座席にはモニターが付いていてゲームなどが出来ます。正直ゲームは大したことありません。

『どうせならギャンブルの説明やオカダマニラの紹介でもしたらいいのに』とも思いましたがまだプレオープンの段階ですから今後改善されていくのだろう。

f:id:hase29:20170118005223p:plain



MOAからは約10分くらいかな。バスを降りエントランスを抜けると紫色のド派手なカジノが見えてきます。その前にまずは長身の美女3名がお出迎え、さらにロビーではパフォーマンスがされていました。カジノの複合施設をIRなんていいますが、そうやって家族が一緒に来られる雰囲気作り、異世界を演出してテンションをあげさせて『ガッツリと賭けにのめり込ませる』というのは大事なのかも。

 


ひととおり記念撮影をした僕ら5名はギャンブル素人です。女の子の半数はカジノ自体がはじめて、ひととおり中を歩くことになりました。左手にスロットマシーンが見え、右側にバカラやらルーレット的なテーブルが並んでいます。ちなみにカジノエリアは撮影不可です。

ここオカダマニラは、フィリピンどころかアジアでも有数の規模のカジノなのですがまだホテルも噴水もできてないプレオープンの状態。カジノエリアも見る限りはそれほど広くなかった。もっともラスベガスのMGMのような巨大カジノは中で迷子になるのでどーかとも思いますが。


一周する途中でスタッフからIDの提示を求められました。フィリピンでは21才以上が合法らしい。僕も掲示をしようと思ったが明らかにオッサンなので『あなたは不要です』と制止されました(笑)

ひととおり回ると『せっかくなので少しギャンブルをしてみよう』となりました。一緒に行った4人は普通の大学を卒業して普通に就職した若者なので『お金を失いたくない』ってことで僕だけすることになりました。おそらくメンバーズカードは作らなくても遊べるのだけど、今回は視察(このカジノの運営会社に投資してる)も兼ねているのでメンバーにもなってみることにして受付にならぶ。

必要なものはID(パスポートなど)、それにサイン、あとは暗証番号を決めるように言われました。特に難しいことはないので英語がわからなくても大丈夫だと思います。その時は日曜の午後7時頃で受付に6人ほど並んでいました。

f:id:hase29:20170118005338p:plain



メンバーズカードが出来るといよいよギャンブルです。

『何をしよう?』その前に『このカードにどうやってお金を入れるのだろう??』

それらしき端末の前でさわってみるがわからずスタッフを呼び止める。そのスタッフは別の担当を呼んでくれスロットマシーンの1台の前に案内される。その台にカードを突っ込み、暗証番号を入れ、現金を入れる。台を移動する度に暗証番号を入れるのは少し面倒ですが、慣れれば簡単です。


僕は4人の友達に見守られながらスロットマシーンなどいくつかやってみました。ちょっと増えたり減ったりする度に4人がキャッキャとはしゃぎます。そうやって1000ペソはものの30分でなくなりました。もっとも移動を何度か繰り返したので、1台でしてたらもっと早かったと思います。

できればブラックジャックとかそういったのを覚えてしてみたい気持ちもあったけど初心者にはハードルが高いかも。あと個人的にはギャンブル自体には興味がないです。あくまで『どんなのがあるのかな??』っていう好奇心と、みんなで遊ぶための入場料みたいな感覚です。


一緒にいった子らからは『連れて来てくれてありがとう』なんて言われたけど、MOAまではみんなジプニーでいって、MOAからは無料のシャトルバスですし、特に何をおごるといったことはしてません。

勝ってたら勝ってたでまた楽しかったんだろうなぁ〜とは思いますが満足です。

また噴水が完成したら見に来たい。