フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

クリスマス・イブ

クリスマスイブですね。僕は歯医クリニックに行ってきたが先生が留守で時間を無駄にした日でした。こっちでは『24日に予約を入れたい』ってメールを入れると『来てください』としか返ってこなかったりする。時間とか約束とか適当な人が多いので、出来ればちゃんと日時を指定して予約したいのだが・・・そういうやり取りがいちいち面倒。

しかたなく歯医者からモールに移動し『セブパシのチケット代金を払い』再び歯医者に行き待つが歯科医師Iが帰って来ないので諦めることにした。留守番をしているオバちゃんも携帯の充電がないらしく連絡が取れない。

僕はIとは軽い友人関係なのであまり悪くは言いたくないのだが、オバちゃんの給料とか超安いし、もっと清潔感があり受け答えが出来る人を雇った方がクリニックの戦略としていいのでは??って思う。クリニックも庶民向けとはいえ審美歯科とか矯正とかそれなりの治療にはそれなりの金額がかかる。その額とオバちゃんの給料があまりにも違う感じ。


さてその後は市場に寄ってジャガイモを9キロ(麻袋)買った。普通に買うとキロ90ペソくらいするがこのサイズで買うと約半額になる。ジャガイモは保存が利くしクリスマスで料理を作るつもりだったのでいいタイミング。

とはいえ日本のような品質は望めない。表面を見てまぁまぁだったが、家に帰ってから分別するとキズ物もそれなりにある。より分けてキズ物を下処理した。ジャーマンポテトを作る予定。


その後は隣の集落に遊びに行く。クリスマス前とあってカラオケやら騒々しい。それから市場にいく。お店が普段より多い。チキンとかケーキとかは行列が出来ている。こういうのを見ると『もっとガッツリ準備して売ればいいのに』って思う。傾向としてフィリピン人は商売が下手だ。中国人とは違う。


ダメなモノでも売れているのが今のフィリピン。人口ボーナスの国だと思う。でも『良いモノや良いサービスには価値がある』って事に気がついた人も少しずつ増えていくと思う。騙された人は二度とその人を信用しないし、満足した人はリピートする。そうやって信頼できる商売人がドンドンと勢力を拡大していく・・・戦略として『正直者が得をする』といったことはあるだろうと思う。

日本のように家電などネットで価格を調べ安く買えるように早くなって欲しい。そして出来ればエステや医療関係も情報公開する所が増えて『消費者から支持され』・・・ダメな所が淘汰されるようになってほしい。今は『日本人だから2倍ふっかけておくか!』ってのがフィリピンの医療だと思う。

もし歯科医師Iがもっと信頼できるタイプなら共同経営したい位なのだが・・・明朗会計でWEBサイトで集客する。ホワイトニングとか歯列矯正とかはうまくマーケティングすれば儲かると思うんだけどなぁ。なんせ原価率低いし(低価格戦略とったとしても)単価高いし、信頼できる所はフィリピンで皆無だから。