フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

フィリピンのビザと旅の話

もう4年以上フィリピンに住んでいる。

初期はいろいろとしていたが体調を崩したこともあって今は特に何もしていない。ボチボチとフィリピン人と交流したりギターや語学を勉強しつつ質素な生活をしている。ちなみに収入源は株式投資(今はそれで何とかなんっている) おそらく12月の後半はフィリピンの田舎でホームステイをさせてもらうので輪をかけて質素なものだろう(去年も行った)

 

 

さてビザと旅の話をしようと思う。

 

僕は観光VISAを使い約2ヶ月ごとに近隣の国や日本に出国している。2ヶ月という理由はVISAなし滞在が約1ヶ月、延長を1回して+約1ヶ月だ。これ以上滞在する場合はIDカードを作るコストがかかるのと半年以上いるとECCなる書類が必要になったりするので、とりあえずそのペースで出ている。



◆イミグレで質問攻めに合う

将来的にはリタイヤメントVISAの取得なども考えているがとりあえず今は観光VISAでいいような気がする。最近はイミグレーションで『なんでフィリピンにそんなに長期間いるのだ?』と聞かれることが増えた。イミグレの思惑が知りたい。(少なくとも今は)商売らしいことはしていないし、贅沢しなければ何とか暮らしていけるだけの蓄えはある。フィリピンの生活が居心地がいいし、集落の家族や田舎の家族などと交流していて『ある種の擬似家族』みたいなもので生活をしているのだが、イミグレでは『友達がいる』とか言っても納得してくれない。『フィリピンが好きだから』といっても納得してくれない。

マニラ在住の友達が『彼女がいるっていえば?』ってアドバイスをくれたが、そういう理由はありがちで納得してもらいやすいのかも??と思いつつ、できる限り嘘は付きたくないと思ってしまう。

税法の事はわからないがノマド系の仕事をしている人はひょっとしたらフィリピン側に納税する必要があるのかもしれないし、そういった事はあまり言いたくない。投資に関しては日本にちゃんと納税しているし、株式投資の税金は20%と安くはないが、もしお金持ちになってもシンガポールに移住して節税する気はなくて日本に納税したいって思っている。



◆プロモの時に早めにまとめ買い

僕がそういう生活を続けていける1つの理由が航空券の安さだと思う。初期は日本からマニラまでの往復で約3.5万円ほど払っていたが、最近はプロモ(その中でも格安のプロモ)を見つけた時にまとめ買いしている。2,3往復分を買っている。近隣諸国なら4000ペソ代で、日本への往復でも5000ペソ台で買えてしまったりする。フィリピンに入国の際にも『出国のチケットが必要』なので先に買っておくのは合理的だと思う。

ただし、今は1月のバンコク行くの航空券を残すのみで、次のが買えていない。たまにプロモをみかけても『期間があわない』・・・この際、少し高めのプロモでも買いたいのだが、ちょっとギリギリになるとヤバイかもクリスマスあたりに期待している。

いままで年2〜3回、日本に帰っていたが、今は確定で7ヶ月帰らない。もしプロモがなければ近場の安い国に出るか、捨てチケットを買って、2ヶ月以上の延長をするのもありだと思う。IDは作ることになるが2回目からの延長は2ヶ月単位で出来るらしい。

 


◆もっと自由に移動したい

現在はマニラに家を借りていて事情があって動きにくいが、将来的には同じような人を集めて、複数の国の家を複数の人でシェアして『もっと自由に移動』が出来るようにするのが理想。プランはあるのが僕の発信力が弱く仲間を見つけるのが難しい。

そうすると何が良いのか、、、例えばフィリピンとマレーシアを2ヶ月・3ヶ月といった感じで行き来すると『ビザ代も移動回数および航空券が約半分になる』・・・今は他国に出ていても借りている家の固定費がかかる上で訪れる国の宿代などがかかるから。あとそれを例えば3カ国とかに増やすと、各国の滞在回数や期間が減るので、イミグレで詮索されるリスクが減ると思う。

割にそういうアイデアは浮かぶのだが、コミュニケーション能力はそんなに高くないし、病気をしてからは行動力も半減してしまっている。ははは。そういうのに動ける仲間が必要。それなりには自由時間もあるし、仲間がいれば動ける。


まぁ急がずいく。