読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン考察記

+腎臓病の療養記 in MANILA

(第4話) 腎臓病に?気になるサプリ

健康の考察

自分が腎臓病であると知ってから様々なことを勉強している。

そのまま放置しておけば徐々に悪化していき数年後には人工透析だろう。現実逃避したところで現実はかわらない。それよりは考えすぎない程度に前向きに取り組み悪化させずに人生の終わりを静かに迎えたいと思っている。

腎臓病は食事療法が治療の中心に来るのだが、気になって飲みはじめたサプリがある。

■ビタミンC
腎臓病になると免疫力が低下するらしい(そういえば数年前から風邪を引きやすくなった) また腎臓病で多いとされる『IgA腎症』だろうと自己診断しているのだが(ちゃんとした専門医の検診は9月の帰国時を予定) そのIgA腎症は風邪や気管支炎などが引き金になることがあるらしい(そういえば2度ほど気管支炎に悩まされた時期があった) そういう意味でIgA抗体が暴走しにくいように『風邪などを予防する』って大切みたい。

そうやって調べていって効果が高そうなものとしてビタミンCを始めた。

僕がマニラで買ったビタミンCは500mgの錠剤が100錠で140ペソ(350円くらい)だ。ビタミンCは尿と一緒に排出されていくので1日に 何度かに分けて飲んでいる。それこそ超高濃度にして注射する治療法もあるほどで、安全性は高いと見ている。いちぶビタミンCが腎臓に良くないという医学論文もあるが、その反証も出てきていていてビタミンCは腎臓に悪くないという考えが主流のようだ。僕もその反証を読んでみたが、たしかにその論文には欠陥が あると思った。

医師もある種の科学者で、科学者も統計的に正しくない事を言う人や、意図的な研究結果を導こうとする人もいるので不思議でも何でもない。

僕はビタミンCの原粉末を1kgネットで注文した。錠剤の方が飲みやすいがそっちの方がずっと安いので併用していきたい。

ちなみに僕が買ったのは下(日本に帰国したら飲み始める) それまでは錠剤がメイン。




個 人的にあと気になっているサプリは『魚油』と『炭の薬』あとは『クエン酸』。

■魚油(Fish Oil)
『魚油』はEPAとして処方されることもあり、抗炎症の作用もあるらしい。ま だ医学的なエビデンスは低いが、もし血液検査や尿検査がときどき受けられる環境が得られるなら自分自身の体で実験してみたい。副作用の心配もなさそうだし・・・とここまで記事を書きかけて薬局で魚油を買ってきた。1カプセルが4ペソ(約10円)。それに魚油が約1000mg入っているらしい。1円あたり100mg。日本で売られているサプリを見るとその何倍もするものがある。もちろん品質は違うのだろうが『内容量を比較せずイメージのみで買う人は多いだろうなぁ』って思った。で、その魚油を25カプセル買った。1カプセル単位で買えるのが便利だ。

できれば使用前後で検査結果に違いが出るか試したいのだが、ここではそれは難しいから『体調や体重のメモ』を続けつつ飲み始めることにした。

■炭の粉末(使用するか未定)
炭(粉末)に関しては中程度から重症の腎臓病患者に処方されることがある。簡単にいえば『炭の粉を飲んで毒素を吸着させよう』というもの。こ れは薬としては高いが、それほど高機能でなくとも食用にできる竹炭を自ら粉末にすれば近い効果が得られるのではないかと思っている。副作用としては便秘く らい。それも人体実験したい。

■クエン酸
クエン酸に関しては腎臓とは直接関係ない。尿酸値が少し高いのでそれを下げたい。クエン酸は食品添加物として知られ安い。薬は効果と値段が比例しない。工業用として安く売られているものが、薬として『いい値段』で売られていたりする。

クエン酸は100均のものでも問題ないと思う。

(追記)

※後日、痛風などの医療ガイドラインなどを調べてみると、クエン酸自体に尿酸値を下げる効果はなさそうで、尿のPHをアルカリに近づける効果はあるらしく、尿酸値を下げる薬(これが尿を酸性にする)を飲む時に一緒に服用するようにしているらしい。

※加えて重要なのは腎臓病患者にとってはクエン酸カリウムによる『高カリウム血症』の心配があるので安易に使わない方良いらしい。

※効果があったという個人ブログ(アフィリエイト目的でなさそうな感じ)もあったので、検査結果や体調と相談しながら試してみようとも思っているし、クエン酸ナトリウムならOKなのか??といった事も調べていこうと思っています。



最後に、個人的にはサプリメントを取ることは一番大切なことではない。過食気味の人はその食生活を見直す方がサプリを取ることの100倍大切だと思う。むしろサプリを取ることを良い訳にして生活習慣を見なおさないのであればサプリなどない方がいいとさえ思う。ただしサプリのいくつかは薬としても処方されたり効き目があると言われている。自分の体で試していきたいと思う。